容姿ケア

頭皮の乾燥を防ぐ中高年向けシャンプーの主成分

タイ自然シャンプー

フケ対策のため低刺激シャンプーを使ったり、シャンプーの頻度を減らしたり、洗髪方法を変えてみたりと色々やってみましたが、目に見える効果がなかったと『洗髪だけではフケが出るのを止められない?』でお伝えしました。

そのため、確かにジョンソンのベビーシャンプーは肌に優しかったのかもしれませんが、頭皮の乾燥をもっと防いでくれるシャンプーはないものか調べることにしました。

一口にシャンプーと言っても商品は数限りなくあるので、それらをひとつひとつ調べるのははっきり言って無理。

ですので、まずは主成分を大まかに分類し、そのあと商品の絞り込みを行うことにしました。

シャンプー主成分の大まかな分類

シャンプーの定義は「頭髪および頭皮を洗浄するための洗剤」ですから

洗剤の主成分=界面活性剤に何が使われているかが重要だと考え、それをチェック。

すると主な界面活性剤は大きく3種類あることがわかりました。

メモ

界面活性剤とは、異なる性質の物体間にある「仕切り=界面」の状態を変化させる物質のこと。

シャンプーの場合ですと、界面活性剤は頭髪・頭皮に付着している水では洗い流せないような脂質・汚れを頭髪・頭皮から引きはがし、界面活性剤もろとも水で(もしくはお湯で)洗い流せるようにします。

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類

1.高級アルコール系

ほとんどの市販品はこれが使われています。

ただし高級アルコールというのは、機能や品質が高いわけではなく、ただ単にアルコール分子に含まれる炭素数が多いという意味です。

以下で説明する石鹸系・アミノ酸系に比べ洗浄力が一番強く、その分、頭皮への刺激も一番強いです。

2.石鹸系

油脂から脂肪酸を取り出し、それをアルカリと反応させる、もしくは一般的な石鹸のように油脂と苛性ソーダを反応させて作られる界面活性剤です。

石鹸と同じように洗浄力は強いけど高級アルコール系ほど刺激は強くはありません。しかし普通の石鹸が乾燥肌にあまり向いていないように、頭皮が乾燥気味の人には向きません。

3.アミノ酸系

一口にアミノ酸系といってもたくさん種類があって説明しにくいですが、天然由来の脂肪酸にアミノ酸を反応させて作るのが一般的なようです。

洗浄力は高級アルコール系・石鹸系に比べ劣っていますが、その分、頭皮への刺激は一番少ないとあります。

水(お湯)だけで洗髪するのが頭皮に一番よいのでしょうが、それだと皮脂・汚れがあまり落ちないので困りもの。なので少しだけ洗浄力のあるシャンプーを使いたい、という要望にぴったり答える界面活性剤だと思います。

アミノ酸系シャンプー一択ではあるものの

色々なアミノ酸系シャンプー

ならば「頭皮の乾燥によるフケで困っている人は、アミノ酸系シャンプーの中から商品を選べばいいんだね」ということになります。

しかし、ことはそう簡単ではありません。とくに何事も面倒だと感じる年頃のオジサン(自分)にとっては。

理由

1.商品にアミノ酸と表記されていない

アミノ酸系シャンプーは商品に「アミノ酸系の界面活性剤使用」と表記されてないケースが多いのです。つまり商品に記載されている成分を自分で調べないと、その商品が果たしてアミノ酸系シャンプーかどうかわかりません。

アミノ酸系シャンプーは以下のような種類があります。

①グルタミン酸系の成分(洗浄力弱し。泡立ち悪し。)

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルグルタミン酸Na

など

②グリシン系の成分(石鹸に似た使用感)

  • ココイルグリシンNa

③アラニン系の成分(洗浄力そこそこ。泡立ち良し)

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ココイルアラニンTEA

④サルコシン系の成分(洗浄力強い)

  • ココイルサルコシンNa
  • ラウロイルサルコシンTEA

2.とある理由により、各商品がどのくらい頭皮に優しいか不明

クラシエシャンプーの成分

成分名なんて覚えなくても店頭でスマホを見ながら商品に記載されている成分を入念にチェックできる、と言われる方もいるかと思います。

しかし、アミノ酸系シャンプーって、それ以外の界面活性剤(特に高級アルコール系)を混ぜている商品も多いのです。

つまりアミノ酸系シャンプーといえど、果たしてどのくらい刺激が少ないか?使ってみないと正確なとろこは分かりません。

もちろん高級アルコール系が追加配合されていないか?チェックすることは可能です。

例えば高級アルコール系界面活性剤の成分は

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス塩酸アンモニウム
  • ラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • オレフィン(C14-C16)スルホン酸ナトリウム

などですので、これらが記載されているかどうかを調べれば、ある程度のことは分かるでしょう。

まとめ

仮に純粋なアミノ酸系シャンプーを見つけても、洗浄剤(界面活性剤)以外で、特定の人の頭皮にはあまり優しくない成分が配合されている可能性だってあります。

なので、

  1. あまり成分分析には深入りせず「アミノ酸系の洗浄成分使用」などと表記されている商品を見つけたら(あまりないけど)あとは値段との兼ね合いで取り敢えずその商品を使ってみるしかないかな?という結論に達しました。

  2. ただし大事な点として「アミノ酸」という文字があっても、単にアミノ酸が配合されてるだけで、アミノ酸系の洗浄剤(界面活性剤)が使用されているわけではない商品もありますので、この点だけはしっかり確認する必要があります。

ちなみにアミノ酸系界面活性剤を100%使用しているシャンプーは、感覚的に市販の高級アルコール系シャンプーの3~5倍もしくはそれ以上の価格設定になっているようです。

-容姿ケア

Copyright© NICEオヤジ塾 , 2021 All Rights Reserved.