肥満解消

中性脂肪を測る血液検査は空腹時に行なわないといけないのか?

採血を待つ男性

中性脂肪値を測るべくそのアポイントを取ろうと近くのクリニックを訪問しました。すると「食後であっても検査できますよ。今すぐ採血しますか?」と医師に言われ少々びっくりしました。

というのは、中性脂肪の測定は血糖値同様、空腹時に行うこと、それも最後の食事から12時間以上経ってから、というのが決まりだと思っていましたので。

なにはともあれ時間があったのでその場で検査を受けましたが、結果は何と300mg/dl越えで2度びっくり。

「勉強不足な医師にあたってしまい不運だった、検査費(自費)と血液を返して欲しいと心の中で叫ぶものの、もちろん声には出していません」と『腹囲にギリギリ引っかかってメタボ判定を受けた人は減量を目指そう』でお話しましたが、

その後、この件について少しばかり調べてみると、どうもそうとばかりも言えないみたいなので、その辺のお話を今回はしたいと思います。

1)基本は空腹時検査 

健康診断各項目

ヤフー知恵袋の質問などを見ると、私と同じような経験をされた方が何人もいらっしゃるようで、採血はいつすべきか?という質問が結構あがっています。

それに対する回答は、私の見た限りでは全ての医師が「採血の12時間前から一切の栄養素を採ってはいけない」と言われていました。

これは毎年受けてる健康診断の案内書に記載されている「前夜は禁酒はもちろん、軽い食事を採るようにしてください。夜9時以降はお水やお茶以外なにも摂取しないでください」という注意書とも一致します。採血は翌朝の9時に開始です。

2)空腹時の採血が必要な理由

以下が医師による説明の要約です。

食事で採った糖質がエネルギーとして消費されずに残ると、それを材料に肝臓で中性脂肪が作られ体内に蓄積されます。

ただし血液中の中性脂肪は、体内に蓄積されそれが血液に溶け出たものだけでなく、食物から直接吸収されたもの(カイロミクロン)も含まれるので、食後は当然中性脂肪値が上昇します。

中性脂肪値は通常食後4~6時間後くらいで最高値に達し、その後下がってきて12時間後には元に戻るので、これが検査前12時間は食事をとってはいけない理由です。

さらにアルコールが絡みます。

中性脂肪はアルコールによってもその合成が促進されます。そのピークはアルコールを摂取してから12時間後と言われています。なので検診の前日は禁酒が必要です。

3)欧州では中性脂肪検査に関しこんな意見も

学会で講演する女性

欧州動脈硬化学会と欧州臨床化学検査医学会などは、空腹時ではないとき(非空腹時)の検査が好ましいと表明しています。

その理由は

1.だれしもが非空腹

そもそも現代人はほぼ一日中、非空腹の状態で、空腹はむしろ特殊な状況だとも言えます。
これは先進国・新興国問わず、ほとんどの人々が同じような状況でしょう。

2.リスク評価の差異

空腹時の値が空腹時でないときの値よりリスク評価の統計に優れているという証拠は存在しません。
詳細はわかりませんが、そう言っているからにはそうなのでしょう。

3.リスクとの相関性

血糖に関しては、空腹時ではなく食後の血糖値の方が生命にかかわるような動脈硬化性疾患リスクとの相関性がより強いことがわかっています。さらに最近の研究で、中性脂肪に関しても同様のことが示唆されつつあります。
血糖値の測定そのものがくつがえされていますね。

まとめ

医者の説明

1.欧州学会の見解

個人的には欧州学会の見解は信じるに足ると思います。

2.日本医師会の見解

糖尿病や脂質異常症(中性脂肪の過多やHDL善玉コレステロールの過少)の診断に用いられる血糖や中性脂肪の検査値は、食事などのエネルギー摂取の大きさによって変動するため、非空腹時の採血では結果判定が難かしい。

これも確かにそう思います。

なので私の理解は以下のようになります。

  1. 欧州で言われていることは、実際に代謝性疾患(糖尿病や脂質異常症など)にかかっている個々の患者に対する治療の中で行なわれる検査や、患者の特徴を知る主治医による検査では有効。

  2. 一般の健常者もしくはそれに準じる人のスクリーニング検査(ふるい分け試験)では、空腹時検査でないと結果判定のしようがないので空腹時検査が妥当。

3.非空腹時の中性脂肪値はどのくらいなら正常か?

異常と判定される中性脂肪値は空腹時150mg/dl以上、非空腹時は175mg/dl以上という意見がある一方、非空腹時は250mg/dl以上という意見など諸説あるようです。

どちらにせよ私の場合は300mg/dl越えでしたので、その時点ではまだまだ空腹時の中性脂肪も高かったという仮説が成り立ちます。

メモ

健康診断で「腹囲」「中性脂肪」「高血圧」の3つの理由でメタボとの判定を受けました。その後、カロリー制限ダイエットとウォーキングを開始し、半年後に中性脂肪を測定するため血液検査を受けました。

詳しくは ⇒ 『腹囲にギリギリ引っかかってメタボ判定を受けた人は減量を目指そう

ちなみに中性脂肪が300mg/dl越えだった時の医師の反応は

「空腹時にもう一度検査しますか?」でした。

つまり、「私はあなたの主治医ではないので非空腹時の中性脂肪値ではなにも判断できません。今回は正常か異常かをふるい分ける検査なので空腹時に行なうべきでしたね。」と言外に自分の非を認めたものだと勝手に解釈しています。

-肥満解消

Copyright© NICEオヤジ塾 , 2021 All Rights Reserved.